夜の遅い時間や朝の早い時間帯というのは変質者に襲われる可能性が特に高いといわれている一方で、最近では子供の通学時でも変質者の目撃情報が増えており、実際変質者に襲われ被害に遭ってしまうお子さんも少なくありません。そのため、年々子供たちに対する防犯対策に力を入れている学校や地域も増えていますが、学校や地域が子供たち一人ひとりを守るのには限界があり、子供たちの安全を守るためには各家庭で日頃から知らない人にはついて行かない、危険だと思ったら大声を出すなど家庭内でしっかり話し合っておくことが何より大切です。しかし、子供の場合、実際に行動を起こすとなると難しい場合も少なくありません。そのため、子供たちを安心して学校に通わせるためには防犯ブザーなどの防犯グッズを身につけることも大事です。

子供の通学時に役立つ防犯グッズとは?

防犯グッズの種類はたくさんありますが、子供たちの通学時に使用するのであれば、防犯ブザーがいいでしょう。今や防犯グッズの定番ともいえる防犯ブザーは、小さな子供でも使用しやすいので、子供に防犯グッズを持たせたいけど、どれがいいのかわからないという人にも防犯ブザーはおすすめです。また、防犯ブザーであれば価格もお手頃なほか、カラーバリエーションも豊富なことから、お子さんの好きな色のものを選ぶことができ、お子さんも嫌がらずランドセルやカバンに付けることができます。しかし、防犯ブザーだけでは不安という人が多いのも事実です。最近はバスや電車で学校や塾に通うお子さんも多く、その分子供たちの危険も高まっていますが、そんな場合には鉄道会社やセキュリティー会社と連携した見守りサービスの利用を検討してみるのもおすすめです。

子供を犯罪から守るためには日頃から家庭でも訓練を!

最近は防犯グッズの種類も増えており、子供でも使いやすいものも多いですが、通学時に子供に防犯グッズを持たせていても被害に遭わないとは限りません。そのため、子供たちが危険な目に遭わないためには日頃から家庭でも防犯訓練を行うことも大切です。近頃は、「行かない」・「乗らない」・「大声を出す」などの頭文字をとって独自の合言葉を作成している地域もありますが各家庭でも防犯対策の合言葉を決めておくのも一つの手です。また、子供が危険に晒された時、「キャー」とか「ギャー」と叫んでしまうかもしれませんが、子供の場合遊んでいる時でも大声でこうした言葉を発する場合もあり、周りの人に気づいてもらえない可能性も否定できません。そのため、万が一お子さんが危険な目に遭ってしまった場合はただ単に大声を出すのではなく、「助けてー」や「火事だー」など周りに危険を知らせるような言葉を叫ぶ訓練もしておくことが大事です。