声かけ事案や連れ去りなど、子供を狙った犯行は後を絶ちません。知らない人に着いていかない、いざという時は大声を出すなど、自分の身を守れるよう指導している学校も多いようです。また、自治体や地域の大人、保護者の方々での見守りや防犯パトロールも広く行われるようになっています。それでも、下校時などの一人きりになるタイミングを狙われるケースは少なくなく、お子さんの通学に不安を感じている保護者の方は多いと思います。登下校や外出時に毎日必ず付き添うわけにもいかないですし、現実的に考えて難しい場合も多いでしょう。ここでは、そんな保護者の方々の心配をカバーし、お子さん達の安全を守る防犯グッズをご紹介します。子供でも使える防犯グッズといえば防犯ブザーや子供用の携帯電話などがすぐに思い浮かぶと思いますが、最近の機種では機能がさらに充実してきています。

あると安心な機能とおすすめ防犯ブザー

あると安心な機能はいくつかありますが、まずは大音量であることが大事です。子供が扱うものなので、耐久性も必要です。通学カバンにぶら下げることも多いので、防水や防滴の機能があると、気づかない間に壊れていたということも防げます。音声がブザーと一緒に流れるタイプの防犯ブザーも効果的だといわれていますが、ここではセキュリティ事業者が出している防犯ブザーをご紹介します。お子さんの居場所をすぐに確認できるGPS機能がついているタイプであれば、気になった時にすぐに確認することができます。ボタンを押すだけでセキュリティ会社に通報できる通報機能を兼ねたタイプなら、あらかじめ登録してある連絡先に連絡をもらうこともできます。保護者がすぐに動けない場合でも、要請すれば緊急出動に応じてくれるサービスもあり、これも嬉しい安心ポイントです。連絡先を絞って設定できる通話機能やメール機能が付いているタイプもあります。

子供たちの安全を守るために、防犯ブザーは適切に使いましょう

防犯ブザーの使用法にも工夫が必要です。まず、防犯ブザーは必ず手が届くところに付けておきましょう。本当に必要な時に活用できるよう、ふざけて鳴らしたり、おもちゃとして扱ったりすることのないよう教育することも必要です。せっかくのブザーも、遊びで鳴らしていることで周囲の方も慣れてしまい、重要なときに本来の意味を失ってしまいます。また、定期的にチェックを行い、電池切れの無いようにしてください。動作確認のタイミングで、何かあった時の行動について話し合うようにするのも良さそうです。人通りの多い道や明るい道を通る、周囲の様子に気を配るといった日頃の行動や、危険を感じたら駆け込むことのできるコンビニなどを調べておくなどの対策が有効だとされています。子供達の安全を守るため、通学の行き帰りを見守る防犯グッズを活用しましょう。