現在、通学の子どもを狙った凶悪な犯罪があちらこちらで多発しています。車を使った子どもの連れ去りなども後を絶たない状況で、親としては子どもの安全が気がかりです。下校時間などは、保護者や地域の方が子ども達を見てくれていますが、それでも犯罪は起こりますし、防犯が発達したからといって、世の中の犯罪が0になるわけではありません。もちろん、大人たちがしっかりと見守ることが大切なのですが、その大人さえもいなかった時には子どもを守るための工夫が必要です。最近はそんな子どもの通学を守るための防犯グッズが多く見られるようになりました。そこで、子どもの通学を見守る防犯グッズについて考え、子どもに使わせることを考えてみてもらうために、子どもに持たせたいいくつかの防犯グッズを紹介致します。

防犯ブザーを選ぶときのチェック項目

子どもの通学を守ってくれる防犯グッズの中で最もポピュラーなアイテムは防犯ブザーです。現在は、機能も形状も様々なタイプが発売されていますが、なるべくシンプルで扱いやすいものを選ぶことがポイントです。一番のポイントは、音量です。防犯ブザーの音は、周囲に緊急事態を知らせると同時に相手を威嚇する役割を持っています。安心のために90db以上の大音量のものが良いです。また、子どもが使うことを考慮し、丈夫に作られている防犯ブザーを選ぶのが良いです。基本的に防犯ブザーはランドセルに取り付けるものです。ぶつけて壊れたり、紐がちぎれてしまったりすることもあるので、本体をベルトでしっかり固定できるタイプのものが良いです。それから、防水・防滴機能が付いたものを選ぶと雨の日も安心です。

GPS機能が付いた携帯電話を選ぶときのチェック項目

通学の子どもの居場所をすぐに知りたいという保護者の方には、GPS機能が付いた携帯電話を防犯グッズとして持たせることをお勧めします。子ども向けの携帯電話は各携帯電話会社で取り扱われていますが、子どもでも安心して使うことが出来るので、契約を検討している保護者も多いです。子ども向けの携帯電話は、操作性もシンプルで使いやすく、機能も最小限に抑えられているので、設定の手間も省け、保護者の方が管理しやすいというメリットがあります。子ども向けの携帯電話を選ぶポイントとしては、通話やメールの相手が制限できること、ワンタッチで通話ができるなど操作が簡単であることです。また、インターネットの利用をきちんと制限できること、位置検索サービスが利用できることです。子どもの行動範囲も徐々に広がっていきますから、状況に合わせて、防犯グッズも組み合わせると良いと思います。

見守りサービスのICカードは、Suicaだけでなく、PASMOでも利用が可能となっております。 通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 まもレールのサービスは、通過時刻、利用駅、チャージ残額をお知らせすることができます。 当社の見守りサービスの特徴としましては、JR東日本で初めての改札システムを使用した子ども見守りサービスとなっております。 お子様の通学中の防犯に不安をお持ちの方へ